読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#このすき をもとに推しを語ってみた【前編】

Twitter上で先日、やたら楽しそうなタグとテンプレートを見つけた。こちら。

(引用に問題がありましたらお知らせください)

 

思えば私は昔から流行にすこし遅れてのっかる子だった。少女漫画雑誌を読み始めるのも、アイドル雑誌を読み始めるのも、ファッション誌を読み始めるのもみんな友達よりワンテンポ遅かった。それでいて、話題になっているものはとりあえず押さえておきたい、いわゆるミーハー体質(軽度)。やる、私はやるぞ。

で、早速やってみた。

 

f:id:tsumoritsumoru:20161215121201j:plain

 敬称略すみません。一応見方としては、かっこ内の方はグループについての知識が浅かったりなんだりで「なんとか理由をつけてひねり出した」という感じになっております。

 

短いなりにオタクとしてのキャリアは積んでいるので、自分が好きになるキャラクター・アイドルの傾向はだいたい掴めていて、基本的に「オカン属性」「天使属性」。もひとつ言うなら「気高いメガネ」キャラも好きなんですが、三次アイドルでオンオフ両方メガネ着用されてる方っていませんよね…アイドル物の作品には山ほどいるのに…。どうでもいいけど最近アイドル物のアニメ・漫画・ゲーム乱立してません?

話が逸れました。以下解説です。

 

(やたら長くなってしまったので、タイトルの通り前後編に分けております)

 

デビュー組

SMAP:(中居正広さん)

のっけから「しいて言うなら」な回答で申し訳ない。SMAPはそうですね、グループについての知識が浅いというよりは、単純に私の性癖に合致するキャラクターを持ったメンバーが居なかったという感じでしょうか。それから、自分が物心ついた頃すでに、彼らが名実ともに「TOP」に君臨する「国民的」な「スター」であったことも大きいのかなと。この人たちは私が推す必要ないな、という…これ伝わってる?(不安) うたばんと黒バラが好きだったので中居さんを挙げさせていただきました。

 

TOKIO山口達也さん

彼やグループをしっかり応援しているわけではないんですが、好きな所ならたくさん挙げられます。顔、甘い歌声、筋肉、…あっごめんなさいこんなもんでした。顔に筋肉ってほとんど容姿で選んどるやないか、という声が聞こえてきそうなんですけど、まあ見た目で好きになる事のいい悪いは一旦置いといて山口さんべらぼうに男前じゃありません? いや、TOKIOが全員美形なのは知ってるんですけど。立派な体つきと甘いお顔が私の好みでした。歌声を「いいな」と思ったきっかけは、『ザ少年倶楽部-プレミアム-』で披露した、山口さんボーカルのカップリング曲『リプライ』を聴いた時です。それまでコーラスの印象しかなかったため、かなり驚いた覚えがあります。あと妻子持ちというのも好きな要素の一つでしたね。過去形…。

 

・V6:長野博さん

出ましたオカン属性。全てを許し全ての人を包み込むように微笑む様はまさしく、V6の母、ジャニーズの母、日本の母。つい最近夫になりました(おめでとうございます)。ただ落ちたきっかけは、オカン属性と全く関係ない。落っこちてみたら母だった。今現在はそこ含めまるっと好きですけどね! きっかけはこれ完全なる非公式の遊びなんですが、Twitterの「#誰が率いる謎の軍団に故郷の村を焼かれたいか」というタグを発見したことだった。オタクが口々に妄想をつぶやく中、微笑をたたえて村を次々に焼き払う長野さん(Lv.99+)がそこにはいた。これに代わるちょうどいい言葉が見つからないのであえてストレートに言わせてもらうと、正直これを見たときめちゃくちゃ興奮した。まさかの村焼き落ちである。テレビで垣間見えるブラックなーのさんにはゾクゾクさせられます。あとお顔で言うと、長野さんのお口の形がとても可愛くて好きです。

 

 ・KinKi Kids:(堂本剛さん)

すみません、ほぼ顔選考です。バラエティで見るお2人はめちゃくちゃ面白くて大好きなんですが、どっちが好きってなぁ選べなかった…。キュートな雰囲気のお顔が好みなので剛さんです。あとお歌がお上手な人も好きなので。

 

・嵐:櫻井翔さん、松本潤さん

まず櫻井さん。担当です。好きな点としては顔、体、教養のある点、仕事に対する姿勢、時に鈍臭い点、女性への対応、味覚、経歴…もういいです、全部好きです。お顔はもう本当に好みドンピシャで、くっきり二重の大きな目に形の良い唇から覗くげっ歯類のような歯。点数を付けたなら限りなく満点に近いキュートな童顔。引き画で見ると華奢なのに、寄ると実はもりっむちっとしている体型もツボです。最近は新春ドラマの関係で上半身の筋肉をさらに鍛えてらして、最高としか言いようがない。Rap詞をはじめ紡ぎ出す言葉の端々に知性が感じられるのもいい。お勉強ができる的な意味でも機転が利く的な意味でも、頭のいい男性は素敵だなと思います。彼は両方ですね。与えられる全ての物事に真剣に向き合う姿勢も素晴らしいですし、アイドルとしてまだまだ止まる気が無いのも痺れます。元々がお茶目なキャラクターだからか、やたら受難体質だったり番組内で度々ポンコツと称される(自称する)のも愛おしい。お飾りの筋肉が壁登りで生かされないのも愛おしい。それでもウインタースポーツが得意なところは流石はハイパーリア充だなと思います。コンサートでは積極的に会場を盛り上げてくださる櫻井さんですが、近年言い始めた女性ファンへ向けた「女の子たち調子はどうだ!」が特にお気に入りです。いくつになっても女子扱いしてくれるの最高か。主婦もおばあちゃんもメスにするショーサクライ恐ろしい。自分は食への思いが多少強いので、余程の物でなければ「おいしい」と言ってもりもり食べる姿は好感が持てます。お食事する櫻井さんを見るのが好きです。20そこそこの頃のチャラチャラっぷりから一転、まさかの報道番組のレギュラーに抜擢というトンデモ経歴も好きです。加えて、そんなやたら明るい髪色でピアスを複数個開けていた時代でも、隠しきれずにじみ出る品の良さがまた良い。

 

(うわ、長っ、気持ち悪っ…でもまだ続きます。)

 

櫻井さんは長野さんで言う「村焼き落ち」のように一気にドーーーンとハマったのではなく、徐々に好きになっていく形でした。きっかけをくれたのは櫻井さんのファンだった幼馴染みです。彼女を入口にして、私は嵐のバラエティ番組を見るようになりました。担当を名乗るに至るまでの過程で、自分の中でこれは大きかったなと思う場面が2つほどありまして。一つは『ひみつの嵐ちゃん!』のコーナー『V.I.P ROOM*1』において、大縄跳びをさせられ疲弊して床に仰向けで倒れこみ肩で息をする櫻井さんを見た時で、このとき私の中で何かが目覚めた。もう一つは『うたばん』にて、嵐の5人が旬な芸人とコラボしてネタを披露する回を見た時。ネタが一巡しておかわりコラボする? な流れの中、次々に芸人さんから指名を受けまくり、結果ネタをコンプリートする櫻井さん。「かわいそかわいい」萌えを発掘した瞬間であった。

…いや、長っ…気持ち悪っ…こんなもんで終えます。

 

はい、松本さん。事務所内では櫻井さんに次いで好きです。彼はもうゴリゴリの「天使属性」の方ですね。直近の天使エピソードとしては、テレビ誌の座談会での「サンタさん」発言がオタクのハートにクリティカルヒットしていました。サンタクロースに敬称を付けて尚且つそれに違和感を持ってなさそうな最年少と4人…『すみれ組*2のじゅんくん(5)』とか何かでしょうか…? 32歳とは…。だいぶ年上の方に使う言葉でもないですが、彼を見ていると自分にも母性というものが存在することを確認できて毎度ホッとしています。格好よく決まらなくたって可愛い、天然かましたらそりゃ可愛い、立っても可愛い、座っても可愛い、だってそれは我が子だから。もう気持ち悪い文章にしかならないようなのでこの話題終えます。はいはい天使天使!

 

タッキー&翼:(今井翼さん)

ほんと、ほんとすいません、選べませんでした。滝翼のお二人に関する知識がほぼなかった…申し訳ない…。とりあえず顔の好みと、ジュニア時代の櫻井翔さんとのセット売りのような仲良しな画に幾度となく立ちブリッジさせて頂いた(興奮による)ので、翼さんを挙げさせていただきました。

 

・NEWS:小山慶一郎さん

小山さんはあの夜会*3以降、割としっかり好きです。グループの歴史も何も知らない自分が言えたことではありませんが、放送を見てああこの人は本当にNEWSというグループが全てで、大好きで、大切なんだなあと感じましたし、そんなリーダーから想われているメンバーとファンは幸せだろうなあと思いました。彼ほどリーダーに相応しい人物はそうそう居ないでしょう。番組のたった1コーナーですが、小山さんが温かくて素敵な人であることは十分伝わりました。そして泣き顔のまあ可愛いこと。彼もある種「天使属性」でしょうか。そうだ、これ以前にちょっと「いいな」と思った場面がありまして。中丸雄一さんと2人で司会をなさっていたころの『ザ少年倶楽部』にて、ソロ曲『Uri Sarang(ウリサラン)』を披露する小山さん。日本語と英語と韓国語が入り乱れラップもやってしまうこちら、「おいおい彼女の第一言語どれだよ…!?」と突っ込んだりもしたが、ソロで長尺で歌う小山さんを初めて見たその当時、シンプルにかっこいいと思った。

 

関ジャニ∞丸山隆平さん

丸山さんは天使というよりは「笑顔と幸せを運ぶ妖精」という感じですね。のっけから気持ち悪さ満点ですみません。いつも人を楽しませることに全力な姿勢が素敵です。最年少ではないのにメンバーからやたら構われるというか、みんなに愛されるキャラクターにほっこりします。先輩方も丸山さんを気に入ってる方は多い気がします。見た目の話をすると、私の好みからは多少外れるんですけど、彼のお顔は紛れもなくイケメンに分類されると思っている。やたらふざけた顔だったり動きだったりをするから伝わりにくいけど…イケメン設定の役柄(ドラマ『泣くな、はらちゃん』より田中くん)だって頂いてるし…!*4 ハマるきっかけをくれたのは、意外や意外非オタ(当時)の母で、Mステを見ていたら「オレンジの子が一番男前」と急に鋭い指摘をしてきた。2013年のMステ共演時に急に話題になったけど、「稲葉さんと丸ちゃん顔似てる」って最初に言ったのはうちの母だから(2011年)!

 

と、#このすき 前編はここまでになります。

いくら担当とはいえ櫻井さんの項なっっっが…我ながら引く…。

 

今回で脚注を使いこなせるようになったので嬉しいです。年内に後編の記事も書けるといいな。

 

*1:どなたの回か忘れていたのですが、調べたところ綾瀬はるかさんゲスト時のようです

*2:組の名前に特に意味はありません

*3:『櫻井有吉アブナイ夜会(現:櫻井・有吉THE夜会)』でのコヤシゲプライベート密着企画

*4:ポポロの「イケメンで優しいが、主体性がない」というキャラクター紹介はさすがに笑った