読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#このすき をもとに推しを語ってみた【後編】

大晦日にわざわざ書くような話でもないですが、アイドルの好きな所をつらつら語るだけの記事の続きです。

 

tsumoritsumoru.hatenablog.com

(一覧表とSMAP関ジャニ∞までの推し語りについてはこちらからどうぞ)

 

後編は今年のうちに投稿できたらいいな、なんて言っていたけれど、年の瀬どころか“年の瀬の瀬”の投稿になってしまった。例によって何も面白いことは書いていないので、正月休みの暇潰しにでも読んで頂ければと思います。それでは。

 

 

KAT-TUN上田竜也さん

私の中で「いま学びたいジャニーズタレントランキング」1位です。そう、実のところ彼に関する知識が乏しいのです。「推す」というよりは「興味がある」という表現が正しいでしょうね。カッコ付きにすべきだったか。そんな情報の少ない中でも私は上田さんに惹かれている、それはなぜか。聞くところによると彼、天使だそうじゃないですか。あんなツンツンした見た目して天使属性だなんて…この道はいつか来た道…? 推しを“天使”と称するときはキャラクターを指す場合が多いかと思いますが、調べているうちにすごい事実に辿り着いてしまった。彼、天使の日(10月4日)生まれだそうじゃないですか。マジもんだった。天使として産み落とされている。ナチュラルボーン大天使。充電期間中に猛勉強しようと意気込んでいたのですが、進捗が芳しくなく、2017年はグループが動き出す?てな話をちらっと聞い(た気が)て、嬉しいような焦るようなという気持ちです。何とかしてタメ旅見ます。

 

Hey! Say! JUMP:伊野尾慧さん、髙木雄也さん

まず伊野尾さんから。彼は2015年下半期~16年と大活躍しましたね。好きなポイントは顔とゆとり加減です。JUMPに興味を持ちだしたのはここ数年の出来事なのですが、管轄外だった頃にも、「(グループの中で)誰が一番かっこいいと思う?」というような会話の際には、私は決まって伊野尾さんの名前を挙げていました。そして必ず友達からブーイングを受けていました。それから数年後、先に述べたように、岡田准一さんにカワイイ認定されてから怒涛の伊野尾フィーバーが起こります。それ見たことか! まあでも彼の顔立ちは「カワイイ」にカテゴライズされるので、「かっこいい」部門では選外なのかもしれませんね。甘いお顔は好みです。それから、彼の平成生まれらしい雰囲気がツボです。めざましファミリーの一員として『VS嵐』に出演した際、櫻井さんから先輩との付き合い方についてガチ説教を受けるも、「でもぉ」と口答えする伊野尾さんはそれはそれはゆとりだった。櫻井担として言わせてもらえば、あの礼儀を重んじる櫻井翔に地上波で「アホかてめえコノヤロー」というフレーズを引き出した功績は大きい。全国の櫻井担のみんな、ちゃんと伊野尾さんにお歳暮は送ったかい?

 

続いて髙木さん。一覧表ではお名前間違えて申し訳ありません。髙木さんはすみません、今はまだ「興味がある」に留まるレベルです。彼も振り幅が大きい人ですよね。クールな方かな、と思ってバラエティ番組を覗いてみたら、意外にチャーミングな面もあって素敵です。『(略)JUMPing CARnival』のDVDを友人に見せてもらった時は、バチバチに決めていたセクシーなユニット曲と『ペットショップラブモーション』とのパフォーマンスの差に眩暈がした。一公演に二人の髙木さんがいた。彼に興味を持つきっかけをくれたのは、ごくせん落ち髙木担であった母なのだが、最近の彼女はもっぱら伊野尾さんに癒されているらしい。

 

Kis-My-Ft2:(横尾渉さん)

本企画で初めての「恋人にしたいジャニーズタレント」です。面倒見のよい年上のお兄さんによしよしされたい…と思ったら横尾さんしかいませんでした。いやそもそもこれって母親に求めるものでは?と思ったら、そういや彼はゴリゴリのオカン属性の持ち主だった。彼氏な横尾さんにベタベタに甘やかされるのもいいし、わたるママに「野菜もちゃんと食べなさい」とかムスッとした顔で言われたりもしたい…。どうして私好き嫌いないんだろう…。余談ですが、そっと推したいメンバーは宮田さんです。彼はよく見ると(見なくても)結構な美形だと思ってるんですがこれ国民の共通認識じゃないんです?

 

Sexy Zone松島聡くん、マリウス葉くん

アニオタをやっていた頃からいわゆるショタキャラには目もくれなかったんですが、まさか自分より年下のアイドルを応援する日が来るとは。本当に革命ですね。お姉さんらしい年齢になったからか、ある日突然年下(後輩)萌えに目覚めてしまいました。ちいさくてかわいい子をぺろぺろしたい欲がふつふつと、待ってください規制しないで! “ぺろぺろ(概念)”だから! Sexy Zoneはみんな個性的で魅力的なんですが、そうした最近の傾向を踏まえてのこの弟二人ですね。ポジション選出。彼らについてもまだまだ勉強したいです。

 

A.B.C-Z:(河合郁人さん)

顔とパフォーマンスの印象選考(?)です。初めて見た時シンプルに男前だと思ったし、今も評価は変わりません。顔の下半身もブサイクなんかじゃないよ! 同期に河合さんの下位互換のような顔の男の子がいるので、彼に会うたび似てるなあと思いながら眺めています。あとは河合さん、お歌が上手ですよね。歌のうまい人が好きだと前にちらっと話しましたが、歌声そのものも割と好みです。初めて動く河合さんを見たのは、『ザ少年倶楽部』のデビュー前のエビキスが『Daybreaker』を披露した回でした。あのパフォーマンスをたいそう気に入って、何度も見返していた記憶があります。これだけ語れればカッコ必要ないのでは、とも思いますが、いかんせん全員分のキャラクターが掴めてないもんで…。決めきれないのでまだ仮で。

 

ジャニーズWEST:(小瀧望さん)

お名前間違えて申し訳ありません。メンバーのパーソナリティをよく知らないので顔選考で行かせて頂きました。まだ毎月きちんとアイドル誌を購入していた時代に、Jr.内グループの7WESTとして紙面に登場していた小瀧さんを見て、何て可愛らしい子なんだとびっくらこきました。同級生だと知って再度びっくらこきました。今もなお現在進行形でスウィートなお顔をしてらっしゃいますね。近頃は『ヒルナンデス!』での扱いや歌番組でシャカリキに踊っている姿なんかを見ていて、桐山さんをよしよししたい欲も出てきた。私が桐山さん推しになる日はそう遠くない未来のこと(予言)。

 

ジャニーズJr.

・Mr.KING:髙橋海人くん

重ね重ね名前間違いすみません。お顔と弟力が高いところが好きです。現世でどれほどの徳を積めば来世で髙橋海人くんの姉になれるのだろうか。皆さんご存知の通り、Mr.KINGは本当にジャニーズ屈指のイケメン揃いのグループで、私はいつも彼らを「旧帝大なら余裕で入れる顔面偏差値」と表現している。三者三様のかっこよさがあるが、私の好みに当てはまったのは髙橋くんだった。割とはっきりした顔の方が好みです。あれだけ美しい顔をしておいて、ちょっと電波っぽいところも推せる。『ザ少年倶楽部』でのトーク中に突然「ぼく人のオーラが見えるんです」とかなんだか凄いことを言った瞬間、彼を応援しようと心に決めた。「メンカラじゃねえか!」というMCからの突っ込みまで含めてあの日の髙橋くんは最高だった。ぽやぽやしている美人は男性も女性も大好物です。

 

コンビ

・山(嵐:大野智さん・櫻井翔さん)

嵐の年長コンビです。嵐という字を上下に分けると「山」と「風」になることから、この二人が山と呼ばれています。分かり易くていいコンビ名ですね。年上らしい落ち着いた雰囲気と、それぞれがグループのお父さんとお母さん的な存在のため、夫婦に例えられることもあります。このコンビで一番グッとくるのは、お互いに尊敬しあっているということを踏まえて、櫻井さんが大野さんのことをたいそう尊敬していらっしゃる点です。有名どころだと、2013年の新春特番『あたらしあらし』ロケでのべた褒めようは凄かったですね。

あの人(大野)は 歌も上手いし 踊りも上手いし 字も上手いし 絵も上手いし 才能は 誰もが認めるところだから -櫻井翔

事務所に入りたての櫻井さんが、「大野の後ろで踊ってこい」と言われたその日から今日までずっと、彼の中で「大野くんスゴイ!」と思う気持ちは変わっていないのでしょうな。同じグループで年齢も一学年しか変わらないながら、先輩後輩という図式が垣間見えるところも良いですね。深夜の呼び出しを受けて車で迎えに行くのも、死んだような目をして本わさびを擦るのもみんな、「智ちゃんが一年だけ先輩(Ⓒ俺たちのソング)」だからなのか、はたまたお酒の入った大野さんが相当厄介だからなのか…(ゲンドウポーズ)。真相は分かりかねますが、そういった櫻井さんが大野さんを甘やかしすぎる部分にウッとなります。小さいところだと、軽率に「誰も触われない二人だけの国(Ⓒロビンソン)」を創り出してしまう感じが好きです。年下3人を置いてけぼりにして勝手に盛り上がる山を見つけるとほっこりします。

 

 

ということで、自己満足の推し語りは以上になります。ここまでお付き合い頂いた方(いらっしゃいましたら)、長いだけの文章を読んで下さってどうもありがとうございました。これらの記事を通して伝えたかったのは当ブログを管理しているのは櫻井担のジャニオタだということです。

 

さって飯食って風呂入って紅白見てカウコン見て寝ますか! よいお年を!